沖縄の古い家探検隊

赤瓦の上にシーサーのある沖縄の古い家は、入り口に「ひんぷん」と呼ばれる大きな壁があります。

実はこの「ひんぷん」は目隠しではありません。

昔は、家に入るときに、男性と女性では入り方が異なりました。

さて、「ひんぷん」にはどういう意味があるのか?

沖縄の不思議を調べてみよう〜


関連するイベント

「古民家ワークショプ」教室